瑠璃色ペプシ

~幸せの青い小鳥のヒナがやってきた~ マメルリハインコをクリッカートレーニングでよい子に育てたいブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキングに参加しています

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ  
    ↑↑幸せの青い小鳥へ↑↑    愛のポチッ をどうぞよろしくお願いします
                  ~ ポチッとしてくださったみなさまに、幸せが来ますように♪ ~

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シェイピング

今日はちょっと専門的チックです

クリッカートレーニングには

「シェイピング」

という技法があります

このシェイピングを使うと

動物に「考えて行動する」ということを学習させることができます

どんな動物にも使うことができます

もちろん小鳥さんや熱帯魚さんも可能なんOKです


理論は単純明快です

(動物が)行動する → クリッカーが鳴る → ご褒美が出る

この最初の <<行動する>> のところで

目標の行動と違う行動をした場合はご褒美は出ません

(動物が)行動する → クリッカーが鳴らない → ご褒美が出ない



(動物が)行動した結果、クリッカーが鳴ってご褒美が出ることがわかると
クリッカーを鳴らそうとして、クリッカーが鳴ったときの行動を頻繁にするようになります

この原理を利用して、人間の目標とする行動に近づけて行きます


「シェイピング」は、 Shaping と書きます

シェイプする、形作る、といった意味になります

つまり、動物の行動を、人間の目標とする行動に形作るということです


あまりうまく説明できなくて情けないですが

動物のある行動を形作るために

行動を細分化して、いくつかのステップ基準をつくり

一番低いステップから、最終ステップまで徐々にハードルを上げていきます

例を挙げてみましょう

目標の行動を 『紐を引っ張ってペプ号を動かす』 とします

そのために、行動を細分化して、8段階のステップを決めます

1.ペプ号の紐を見る
2.ペプ号の紐に近づく
3.ペプ号の紐のにおいをかぐ
4.ペプ号の紐をつつく
5.ペプ号の紐をくわえる
6.ペプ号の紐の先端をくわえる
7.ペプ号の紐の先端をくわえ続ける
8.ペプ号の紐の先端をくわえて引っ張る

1ができるようになったら、2へ。  2ができるようになったら、3へ。
という風に少しずつ行動の基準をあげることで
動物がその行動を自信を持って行うことができるようになります

今日は、1~6までができるようになりました
(1~4は、飛び級のようにできるようになっています)

(途中で着メロ入ります・・・ペプシびっくりしています)

とても興味深いです

ペプシに対して、これをしなさい、あれをしなさいと指示することなく
力づく無理やり押し付けるでもなく
ペプシが自発的に行動しています
それを観察して、よいタイミングでクリッカーを鳴らし、ご褒美をあげているだけです


ちなみにこの時点でまだ合図の言葉を使いません
行動が定着してから
合図の言葉を入れていきます

これも少し専門的なことになるのですが
行動が定着していないときに
合図の言葉を使うと
その定着していないファジィな行動に名前をつけてしまうことになるのです

さあ、ペプシ君いつ、ペプ号を引っ張ることができるようになるでしょうか!

気長く頑張ってみます手書き風シリーズ26ピース


ランキングに参加しています

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ  
    ↑↑幸せの青い小鳥へ↑↑    愛のポチッ をどうぞよろしくお願いします
                  ~ ポチッとしてくださったみなさまに、幸せが来ますように♪ ~

| クリッカートレーニング | 23:55 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ペプシ君がどんどん賢くなっていく♪

すごい勉強になります。
先日うちのるみぃにも真似して何か覚えさせようとして
まず、御褒美の餌を買いました。(形から入るので…w)

BBさんみたいに専門的なこと知らないんで
とりあえず手を差し出す→呼ぶ→手に止まる→御褒美をあげる。といった形です。
呼んでるってことが定着してない行動に名前をつけてるって事ですか?んー難しい。
色々勉強させてもらいます☆

| nn | 2009/03/10 01:16 | URL |

こんばんは。
何度も読んで頭に入れさせて貰いました。

クリッカー、すごく気になります。
やはり人間が褒める形だと毎回違う言葉やトーンになってしまう…それとは違いクリッカーだと常に同じ音だから、褒められた! って分かりやすいですよね。
そして、何より無理強いしないトレーニングというのが素晴らしいです。

言葉を使わないというのも納得です。
仁之介は私が合図を出すステップアップよりも、何も言わずに手を出したらそこに戻って来るというのを先に覚えました。と言うより、それは教えていません(笑)

これからのペプシ君のクリッカートレーニングに期待&参考にさせてもらいます。

| Kuro | 2009/03/10 01:34 | URL | ≫ EDIT

nn さん

ありがとうございます
参考にしていただければうれしいです☆

そうですね、お察しのとおり、
やってらっしゃる方法
手を差し出す→呼ぶ→手に止まる→御褒美をあげる
このうち、「呼ぶ→」 の部分をしないで
手を差し出す→手に止まる
の行動が必ず起こるようになったら、
手に止まるためにるみぃくんが行動する前兆を見つけてそれと同時に
「呼ぶ→」をしてみてください
そして、次第に「呼ぶ→」のタイミングを、前へずらして
手を差し出しながら呼ぶ→手に止まる→御褒美をあげる
へと置き換わっていくことができますよ!

う~ん、文字で説明するのは難しい <(_ _)>スミマセン

| BB | 2009/03/10 19:45 | URL | ≫ EDIT

Kuro さん

ありがとうございます
参考にしていただければうれしいです☆

そのとおりですね!
新しい行動を教えるときには言葉よりもクリッカーのような音のほうがわかりやすいですね
人間は言葉に多くを依存している動物なので
そう! 正解! いい子! 上手! すごい!
など、すべて正しいという意味なのですが
動物にとっては、その時々で言葉が変わると混乱して学習の妨げにもなりえます
たとえ同じ言葉を使ったとしても、大きい声、うれしそうな声、イラつきを含んだ声など、細かな違いが出てしまいます
その点クリッカーはいつ誰がやっても同じ音で、正しいよ、と伝えてあげることができます

行動ができるようになって、合図の言葉もつけて行動ができるようになったら
たっぷり賞賛、ほめ言葉をいっぱい使います~

| BB | 2009/03/10 19:53 | URL | ≫ EDIT

BBさん、すごい!
尊敬です!!
ペプも、とっても賢そう。
ああやって、鳥さんもいろいろなことを
覚えられるんですね。
うちのももちゃんは、まったく自由~に
すごしてます。うちもチャレンジしようかな。

| くっすー | 2009/03/10 21:29 | URL |

くっすー さん

そうなんですよ!
ペプシでなくても誰でもできますよ~
魚さえもシェイピングできるそうです!
私の場合は仕事柄って言うのがあるのですが
よかったら、くっすーさんもやってみてください!
ももちゃんとの楽しみがふえますよ!

| BB | 2009/03/10 22:08 | URL | ≫ EDIT

(-ω-;)ウーン 勉強になります!
何度か練習したんですが、方法が悪かったようです。・・・ただ、2羽を同時に放鳥しているとせっかちちゃんとのんびりちゃんなので、せっかち(仮名にする必要ないですねww)ミドリが横からご褒美を掻っ攫ってしまうという事態に。

以来、体重計がおやつコーナーと認識されてしまいました(ノ_-;)ハア…

| まめぴ~ | 2009/03/10 22:10 | URL | ≫ EDIT

まめぴ~ さん

あはは!
トレーニングはおひとりずつでお願いいたします~(笑)
お次の方は、個室でしばらくお待ちくださいませね~
おふたりいっぺんには難しいでございます~
ミドリちゃんが、せっかちちゃんで
チビちゃんが、のんびりちゃんなんですね!
やっぱり性格も個体差があるのですね~☆

| BB | 2009/03/10 22:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。